日誌2015 15年7月12日

2015年7月11日(土)人形実技8・9回目 人形の重心

昨日から突然の晴れ、塾の始まる時間は丁度太陽の高い時間帯でしたので、
強い日差しを乗り越えて稽古場にいらした塾生の皆さんと、
お互い合い言葉のように「今日は暑いですね〜・・・。」と唱え合ってしまいました。

 

人形実技も今日で8回目。
手板の持ち方も、糸の場所もだんだん身に付き始めました。

 

つま先に付いている糸!・・・はい!

IMG_9702

 

肘についている糸!・・・これだ!

IMG_9703

 

腰の糸!・・・ここ、かな!

IMG_9705

人形の糸を使う時、重要な事は人形の重心がどうなっているかという事です。
糸あやつり人形なので、糸を引っ張れば足はどこまでもあがります。

その時、人間なら軸足でしっかりと地面を踏みしめていないと、
すぐに転んでしまうはずなのですが、糸に吊られているあやつり人形は、
どんなに不自然な体勢になっても、ぶらぶら吊られていて転ぶ事はありません。

IMG_9729

不自然に吊られた状態ではなく、人形にしっかりと重心を与えようと皆さん真剣な表情です。
さて、少しだけ脱線して、
今年度、皆さんがお稽古に使っているお人形たちをちょこっとご紹介です。
IMG_9697

洋服の人形もいれば着物の人形もいます。

洋服の人形たちもよくみるとそれぞれ時代が違いそうですし、
着物もそれぞれ職業や身分がバラバラそうです。

ただ、ひとつだけ共通している所は、全員【男の人形】という所です。
古典の【女の人形】はしなやかな所作を表現するため、
少し特殊な作りになっているので、基本のお稽古は【男の人形】を使います。

IMG_9696
こうして見ていると、人形と手板を繋ぐ糸の長さ、それも一体、一体違いますね。
それはそのまま、人形を使う方たちの身長の違いです。
人形たちを眺めているだけで塾生の皆さんの個性がまたひとつ、浮かび上がってくるようです。

 

IMG_9699

人形と人形を使う人間の関係は本当に微妙なもので、
使う人間の身体の癖や体調がそのまま人形に表れます。

肩に力が入りやすい、膝に力が入りやすい、重心を片足に置きがちなど、
誰にだってある無意識の癖を、人形を見ながら、自分で感じながら、講師に教えて貰いながら、
より客観的でバランスの良い姿勢に調整していきます。

 

人形が美しく立つ時、
人形を使う人間の姿も美しいのです。

IMG_9704

 

それではまた月曜日!