日誌2015 15年7月17日

2015年7月13日(月)人形授業 腰をひねって、頭もひねる。

今回の授業の日は、台風到来の前の猛暑日。

熱い日にも関わらず駅から稽古場まで長い道を歩いて来られる方や、

木更津から三時間近くかけていらっしゃる方など、皆さんの夏の日差しにも負けない熱意に敬服いたします。

さて授業の方はまず基本の足踏みの復習です。

そして今度は腰をひねって人形を上(かみ)下(しも)に足踏み移動する稽古!

028

遣い手はその場を動かずに、腰を入れながら人形を崩さぬように綺麗に水平に移動する。

この時足が締まっていては腰が動かせません、肩幅に開いた正しいフォームが肝心です。

上半身は盆に水の入ったコップを乗せたように、ブレないように気をつけます。

日ごろ使わない筋肉と神経に四苦八苦、簡単なようでなかなか難しい作業です。

 

ガンバッた皆さんの〆の稽古はやはり基本「足踏み」です。

今回はちょっと遊びを入れて「尻とり」をしながら足踏みですよ。

お題は「夏の食べ物」!人形の状態を気づかいながら頭をひねり、

みんなに伝わるように「声」を出します。

色んな所神経を同時進行させる稽古です。でもみんな和気藹々と尻とりを楽しみながらお稽古できました。

 

これからもっと熱くなりますが、水分補給に気をつけながら楽しんでやっていきましょう。

ではまた。