日誌2015 15年8月12日

2015年8月10日(月) 人形の目線

今日は人形で相手の顔をしっかり見る。

というお稽古をしました。

 

指し示す
 
人形たちは写真奥の白いTシャツの女性を見つけて指差しています。

しかし人形を使う人間と、人形の目線の高さは違うせいか、なかなか思った位置に人形の目線がいかず、
ここでまたひと苦労です。
 
人形が人間の存在をしっかりと認識したら、

次は片手で人間を指し示します。

顔の角度と腕の位置、人形が見ている場所を人形はしっかり指し示しているでしょうか。

 

次は人形同士でお稽古です。
人形が足踏みをして真っ直ぐ進み、別の人形と出会います。
 
P1110249
 
人形が他者である人形に気がつくのはいつでしょうか。
 
P1110251
 

相手の顔をしっかりみて、お互いを認識しあいます。
 
挨拶や握手等、コミュニケーションをとった後、去っていきます。
 
P1110253

 

何かを見る、という行為は人間も人形も変わらず意思を示す重要な動作です。

何かを見ること、または見ないことによって、次の動作につながる動機が生まれていきます。

 

さて、水曜日と土曜日のお稽古はお休みです。
皆さま良い夏休みを!
そして月曜日にまたお会いしましょう。