日誌2015 15年9月5日

2015年8月29日(土) 人形の胴に紐をつけて前進!

こんにちは。

涼しかったり、急に暑くなったり、体調を崩しやすい気候ですね。

人形を遣っていると、外は寒くても稽古場はとても暑くなったりします。

暑い日はより暑く。

体温調整がなかなか難しい季節だなぁと感じますが、今週もみなさん塾をがんばっています。

 

さて、足踏みから前進、小走りと、少しずつ授業も進んでいます。

人形が前に進んでいくことは、簡単そうに見えて、なかなか難しい。

ということで、今回は、人形の胴に紐をつけてみたらどうだろうか?という実験的なことをやってみました。

人形に紐をつけてみる

人形に紐をつけてみる

紐をつける、と言っても、紐でひっぱるわけではありません。

紐で引っ張られるイメージをもって。。。

紐で引っ張られるイメージをもって。。。

ひっぱられるイメージを持って人形を前進させるとどうなるだろうか?、実感を持ってやってみると、紐をつける前はなかなか前に進むことができなかった塾生が、紐をつけたことによって前に進みやすくなったと言っていました。

この実験的な授業の結果、ひっぱられるイメージを持つことで、前に進むイメージをはっきり持てるようになったのではないかと感じました。

イメージを持つことって、とても大切なんですね!