日誌2015 15年10月3日

2015年9月28日(月)人形取替えっこ

今日もいつものように、お稽古は足踏みから始まります。
 
その場で足踏みするときと、
足踏みで前進するとき、
小走りするとき、
後ずさるとき、
体重のかかり方はどう変わるのか、実感しながらの足踏みです。

P1110642

 

さて、今日は普段使っている人形をお互いにシャッフルしてみました。

どんなことが起こるでしょう。

 

まず起こったことは、さっきまで出来ていた足踏みが上手く出来なくなってしまう。

ということでした。

 

人形によって重さも違えば、癖も違います。

人形は慣れで使うのではなく、

しっかりと人形をみて、どうやって使うべき人形なのか考えることが必要なんですね。

 

人形の糸の長さはつかう人、ひとりひとりの身長にあわせて調整されています。

ひとの人形を使うということは、

自分にとって使いやすい糸の長さではない、ということばかりなので、
そこでまた一苦労。

P1110653

 

自分よりも身長の低いひとの人形であれば、

いつもより腰を落とす必要がありますし、

自分よりも身長の高いひとの人形であれば、高い位置まで腕を上げて手板を使わなくてはいけません。

2、3cmの差でも大きな違いを感じている皆さんに、

千恵先生は「プラスマイナス20cmまでは問題なく使えますよ!」

とおっしゃいます。

P1110652

普段使わない人形を使うことは楽しいものです。

休憩時間になっても休まずにひたすら、

好奇心をもって色々な人形にチャレンジし続ける皆さんでした!