日誌2015 15年10月30日

2015年10月26日(月) 日本舞踊3回目 男踊りに挑戦

日本舞踊第3回目の授業も、お扇子の置き方や持ち方、仕舞い方、お辞儀、座る、立つ、歩きの基本的な所作の復習から始まりました。

 

 

そして、「宵は待ち」の復習。

 

 

20151026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性らしさを意識して。

 

貴美子先生の美しい姿勢や振りを真似するのですが、同じようにはなかなかできません。

日本舞踊は体幹が鍛えられますね。

 

「宵は待ち」の復習を終え、2曲目の「松づくし」を教えていただきました。

「松づくし」は、「宵は待ち」と違い、男踊りです。

日本舞踊では、まず女踊りを教えていただき上級者は男踊りを教わります。

塾生のみなさんはまだまだ初心者ですが、塾では駆け足で女踊りと男踊りを教えていただきます。

男踊りと女踊りでは、首振りやおすべりの所作がまた変わってきます。

足をハコに割ったり、ひねったり。

 

 

 

 

20151026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男らしく。勇ましく。

女踊り以上に体幹が鍛えられます。

また来週の日本舞踊の授業が楽しみですね。