日誌2016 16年8月9日

2016年8月6日(土) 人形実技

 

IMG_2346

 

さて、池袋で短期コースの授業が行われている暑い暑いこの日、

長期コースの会場、小金井の稽古場でも13時から17時まで、

4時間通しの授業がありました。

 

はじめはいつも通り、

人形の重心と体重移動と頭の向きを意識した基礎稽古でスタートですが、

一通り基礎稽古が終わったところで、ふたつのチームに別れました。

 

チーム分けはいつも通りのあみだくじ。

 

unnamed-2

 

それぞれのチームで小さなお話や情景を作り、

まずは台詞なしで相手チームに見せ、

相手チームからどんなお話や情景だったのか感想を貰います。

 

unnamed-3

 

作りたい状況を自分たちの身体を使って確かめたり、

人形を使って確かめたり・・・

考える時間は20分ほどで発表です。

 

1作品目。

 

最初は、お祭りでお酒を飲む事を楽しみに歩いて来た2人組の間を、

機嫌の悪い男が無理矢理通ろうとしたせいで、2人は転倒。

ひっくり返っている2人に謝らないどころか、

悪態をついて去ろうとする男を、通りすがりの人間が呼び止めているシーン。

この後、この悪態をつく男と、通りすがりの人の関係は実は・・・

というストーリーに展開していきます。

 

unnamed-4

 

 

2作品目。

 

こちらは仲良し三人組が「だるまさんがころんだ」を元気よく楽しんでいます。

シンプルな構成ながら、だるまさんが転んだゲーム特有の、

動と静の動きがはっきりとわかれるところ、

また三人組の性格の違いによって、異なる反応も見所です。

 

unnamed-5

 

どちらのチームの物語も、

作ったきっかけはちょっとした思いつきだと言いますが、

そこからどんどん深めて行きます。

お酒を飲む嬉しさから、なんの関係もない男にぶつかられた時の、

楽しさから真っ逆さまに落とされる気分。

謝る気のない男が結果的に謝ることになる気持ちの変化。

人形の動きを自分の身体で隠していないか、

もっと劇的にみせるには、どうしたら良いか。

「捕まえる」という動きを明確に見せるにはどうしたら良いか。

 

unnamed-6

 

わからなくなったら自分の身体で試してみて、

unnamed-7

 

それから人形でどうすれば良いかを改めて考えます。

 

何度も何度も、繰り返して、自分でやって、人を見て、

最後には相手チームと設定をひっくり返してやってみるうちに、

だんだん、相手を見る人形の頭の向きがいかに重要か、

なぜ人形に重心が必要なのか、

正確な頭の向きと、丁寧な人形の強さというものに、

向かって行こうという思いが生まれて来るようでした。