本文へジャンプ

結城座豆辞典

江戸のシネマ "写し絵"



その昔、隅田川に浮かぶ屋形船の障子にゆらゆらと写し出された江戸のシネマ「写し絵」。今日でいうところの「マルチ・プロジェクター」の先駆けです。
写し絵では「風呂」という箱形の幻燈機を同時に何台も使ってスクリーンで絵を合成します。「風呂」には、異なった幾つかの絵の描かれた枠付きガラス板(種板)のスライドがはめこまれ、それをずらすことで絵が変わります。しかも「風呂」をもった何人か の遣い手がスクリーンの背後を前後左右に動き回り、それによって映像は大きくなっ たり、瞬時に遠ざかったりします。
現代の映像との大きな違いは、遣い手と「風呂」が一体となり、様々な呼吸する映像が投影され、まさに「映像と演劇が正面からぶつかり合っている」ことです。


風呂(旧式・種板が入った状態)

写し絵の歴史

古い記事によると1801年(享和元年)に熊吉という人が上野山下でエキマン鏡と証するものを見物し(オランダより渡来)、それをヒントに作り出した芸能を「うつしえ」と名付け、神楽坂の貸席で有料で上演したのが初めだそうです。

「風呂」と呼ぶ特殊な幻燈機を写し絵は使用します。約27cm×15cm×20cmの桐の木の箱に長さ20cm位まで伸びるレンズを取り付け、光源は電気のない時代には油皿に灯芯をまとめて使用したり、日清戦争後はランプを使いました。そして、「種板」と呼ばれる木の枠に組み込まれた極薄のガラスに手書された絵を美濃紙のスクリーン等に写し出します。4枚位の少しずつ違ったポーズの種板を送りながら写したり、2枚のガラスを組み合わせて絵の一部を動かすなどして、表現に幅をもたせていきました。

若い頃の九代目と十代目の写し絵興行

関東(江戸)では初代都楽のことを別として、特に名人と言われた人がいます。玉川文楽と両川亭船遊でした。この両川亭船遊は本名を田中喜兵衛と云い(天保11年・1840年〜明治35年・1902年)、もともとは佐竹藩お抱えの仕立て屋をしていましたが、踊りや落語などを身に付け、芝居仲間も多く、その上、同じ佐竹藩出入の狩野派の画家達の友人に囲まれていました。その中の絵師の一人に蝶花斎(ちょうかさい)春山(しゅんざん)という人がおりまして、当時流行していた「写し絵」をやってみようと云うことになり、春山が絵を描き、田中喜兵衛が写し絵師となることになりました。
両国に住んでいた関係もあり両国の川で屋根船を二艘つなぎ合わせて障子に絵を写しだしたのですが、これが大当たりで、その頃の大通人・粂野彩菊(くめのさいぎく)山人(鏑木清方氏の尊父)に両川亭船遊という名を付けてもらったのです。この初代船遊を襲名した田中喜兵衛は八代目結城孫三郎の親戚であり現在の十二代目の曽祖父にあたります。

二代目両川亭船遊(九代目結城孫三郎)をモデルとした
写し絵の本のイラスト
※クリックで拡大表示します

二代目船遊も初代をしのぐ人気となりました。初代同様踊り、落語、役者などの修業を重ねた上で写し絵を演じるのですから、演目にも厚みが出ます。大変強靭な腰の持ち主で、不安定な船の中でランプの風呂を2台両脇に抱えて絵を写したそうです。演目は「皿屋敷」「四谷怪談」などの怪談ものから「四季の風景」や「舌切り雀」など多種多様でありました。夏場の稼ぎで一年間生活出来たと云うのですからその人気の程がうかがえます。そして、いつしか夏場以外の多くの時間を人形稽古についやすようになりました。写し絵と同時に、人形遣いになる決心をした二代目船遊は、九代目結城孫三郎を襲名致し、江戸糸あやつり結城座復興のスタートを切ったのです。

【参考資料】 江戸川乱歩による九代目孫三郎の 写し絵興行の感想

しかしながら関東大震災さらに第二次世界大戦などで風呂も種板も全て焼けてしまいました。結城雪斎(九代目とともに昭和初期まで写し絵をやっていました十代目結城孫三郎です)と小林源次郎さんの協力を得て、結城座は電気を使用出来る風呂と種板づくりに取り組みました。

そして1972年(昭和47年)ついに再現、復活。「写し絵芝居・枕亡霊血桜絵巻」で公演をする事が出来たのです。極彩色の鮮烈な映像芸術として高く評価されました。それ以来、人形とともに写し絵は結城座の表現手段の大きな要素となっています。

十二代目孫三郎は(三代目両川船遊も襲名)は和紙や布そしてスクリーンなどに写すだけではなく、劇場の壁や相手の役者の身体に絵を写したり、自ら映し出す絵と対話するなど絶えず新しい手法を作り出しています。江戸時代に始まった『写し絵』は明治、大正、昭和、平成と『演じる絵、物語る絵』として今日まで脈々と受け継がれております。

ページの先頭へ