本文へジャンプ

アヴィニヨン演劇祭レポート

結城座がこのたび参加したアヴィニヨン演劇祭では、正式招聘作品「屏風」「古典公演」ともに大成功をおさめました。ここに写真で見るアヴィニヨン演劇祭をお届けします。
現場の熱気と興奮をすこしでもお伝えできれば幸いです。

第61回アヴィニヨン演劇祭 (THE 61TH FESTIVAL D'AVIGNON)
日時:2007年7月6日〜27日
場所:フランス・アヴィニヨン市 市民劇場、法王庁他メイン会場21か所で開催 (*1)
参加団体:20の招待劇団と招待外劇団あわせて700が世界から参加 (*2)
公式サイト: http://www.festival-avignon.com/

(*1) 招待外(オフ)の劇団は酒場、喫茶店、広場、あらゆるところで芝居をやっているそうです。
(*2) 招待外劇団の数はきちんと事務所に管理されているもののみで、飛び込み参加やいきなりパフォーマー、突然空き地で始まる芝居など(本来はいけない)はこの統計に含まれていないと思われます。

屏風


"屏風"(アヴィニヨン演劇祭公式サイトより)
↓クリックすると大きな写真をご覧いただけます↓


アヴィニヨン事務局の中庭での「屏風」プレス会見。演出家のフィスバックさんとともに。

5回ものカーテンコール、スタンディングオペレーションが起きました。
初日はパリ市長が観劇にいらっしゃいました。

"屏風"の舞台より

"屏風"の舞台より

屏風の会場となったアヴィニヨン市民劇場。オペラも上演もする大変美しい劇場です。

同じく会場正面入り口、石造りのすばらしい外観です。

古典公演


古典公演"本朝廿四孝"(アヴィニヨン演劇祭公式サイトより)
↓クリックすると大きな写真をご覧いただけます↓


古典公演会場です。IN(正式招聘)の会場には白い旗が掲げられます。

大入り満員のお客様。切符を売り出して1時間で売り切れでした。

古典会場チケットブース。孫三郎ののぼりを立てました。

会場の看板です

古典公演の舞台より

古典公演の舞台より

アヴィニヨン風景


フィスバックさんの別荘にみんなで遊びに行きました。

南仏は夜まで明るい!夜の10時過ぎの光です。

アヴィニヨンの町中いたるところに、
世界中から来たオフの劇団のポスターが貼ってあります。
 

掲載紙

※近日中に日本語訳を掲載の予定です。

ル・フィガロ紙

リベラシオン紙

演劇情報誌
 

ページの先頭へ