本文へジャンプ

「宦官提督の末裔」海外公演ツアー

ザグレブ ユーロカズフェスティバル 6月11日〜13日 3ステージ
於)ゴルゴナ

ユーロカズフェスティバルの今回の会場である、現代美術館の中にあるゴルゴナホールは地域の芸術の拠点としても知られており、芸術と芝居の好きな観客が熱心に観劇してくれました。全編字幕付きの日本語上演にもかかわらず殆ど途中退席もなく、3公演ともほぼ満席にての大好評でした。また新聞の劇評でも大きく取り上げられるなど批評家からも好意的に受け止められました。

クリックすると大きな写真をご覧いただけます


ザグレブ ゴルゴナ劇場外観

クロアチア・ヘラルド紙に掲載された劇評

スポレート 二つの世界フェスティバル 6月19日、20日 3ステージ
於)カイオ・メリッソ

今回の会場であるカイオ・メリッソはスポレートにある最も古い劇場で1600年代に建てられ、何度も改築を重ねながら長い間スポレートの文化の中心でありつづけました。ロッシーニやビスコンティなど古今の著名人たちがオペラを上演した由緒ある劇場で、ザグレブの現代的な作りの劇場とはまた違った空気の中での公演となりました。ちょうどワールドカップのイタリア戦と重なったためか、チケットはとうに完売ながらも空席があるというなんとも不思議な状態での公演でした。しかしお客様には大好評で涙を流して感激してご覧くださった方もいらっしゃり、日本での公演とはまた違った形で受け入れられる喜びを味わいました。

クリックすると大きな写真をご覧いただけます



ページの先頭へ